梅光軒について

まだ出会っていない多くの方々に
この味をお届けできるよう
海を渡っても
変わらぬ味をお届けしたい。

すべてのお店で粉からつくる
今日も打ち立て、つくりたて

庶民の食事でもあるラーメンを松竹梅の「梅」に見立て「梅に光を当てる」という思いを込めて、昭和四十四年(1969年)「梅光軒」がオープン。
四十年経った今でもそのころの思いのまま、今では旭川を代表するラーメン店として一杯をまっすぐに守り抜いてきました。

トンコツ、鶏ガラから摂れる「動物系」スープに、煮干し、昆布から摂れる「魚介系」の旨味を加えた「Wスープ」は旭川発祥と言われ、特注で作られる
中細ちぢれ麺との相性も絶妙です。

これからも私たちはより多くの方にその一杯を
楽しんでもらいたいと考えています。

CENTRAL KITCHENセントラルキッチン

梅光軒のリアル店で長年の修業を積んだ職人が
セントラルキッチンで1杯1杯
まごころを込めて作り上げています。
真空冷凍で美味しさを閉じ込め、
新鮮な状態で全国に直送しています。

梅光軒の6つのこだわり

スープの技法にこだわる

こってり奥深いのに後味あっさりで
最後まで飲み干せてしまいます。

トンコツと鶏ガラから摂れる「動物系」スープと、
昆布、煮干しから摂れる「魚介系」スープを
ブレンドした「Wベース」が特徴。
こってり奥深いのに後味あっさり、
最後まですんなり飲み干せることから、
「こてあっさり」と評されるスープです。

麺にこだわる

特注ブレンド小麦使用
特製中細ちぢれ麺

旭川の厳しい冬の中、よりよく体を
温めてもらおうと考案された「中細ちぢれ麺」。
通常よりもちぢれが強く、
より多くのスープが絡みます。
完全自家製麺でご提供しているこの麺は、
食品添加物や卵を使用していないので、
アレルギーをお持ちの方にも
安心してお召し上がりいただきます。

メンマにこだわる

軟らかくてサックリ、
絶妙食感の極太メンマ

梅光軒ラーメンを語る上で欠かすことのできない存在、
それがこの極太メンマです。
大きなもので親指サイズほどの大きさのものもありますが、
食感は軟らかくてサックリ、絶妙の食感です。
ラーメンができるまでの間、
メンマを単品で注文してビールの
おつまみにされるお客様もいらっしゃいます。

チャーシューにこだわる

養豚で栄えた町、旭川
梅光軒でしか食べられない、
かみこみ豚のチャーシュー

100頭に3頭という貴重なかみこみ豚のもも肉を全量、
梅光軒で買い付けて
チャーシューで提供しております。
かみこみ豚は、まるで和牛のような
きれいな霜降り肉になっており、
一度味わうと食べた者を虜にします。

骨にこだわる

日本でも数少ない
純国産の豚骨を使用

100頭に3頭という貴重な
かみこみ豚のもも肉を全量、
梅光軒で買い付けて、
潤沢な純国産豚骨を贅沢に使用しております。
日本で純国産の豚骨ラーメンを食べられる
お店は数えるほどなのです。

水にこだわる

大雪山を源流とする良質な軟水で
美味しさをよりいっそう引き立てる

天然水の宝庫である北海道内でも、
特にミネラルが豊富に含まれ、
健康や美容効果が高い、
大雪山を源流とする良質な水は、
軟水質で骨の髄をうまくかき上げ、
美味しさをよりいっそう引き立てます。